知ろう!消費者金融のあれこれ

知れば上手に消費者金融と付き合えます

専業主婦が借入をするには?

総量規制の導入により、原則として収入のない専業主婦は借入ができなくなり、例外的に配偶者の同意と年収の証明により借入が認められることになりました。
これについて、もう少し詳しく見て行きましょう。
なお、専業主婦ではなく、専業主夫の場合も同様に考えます。
専業主婦が配偶者の同意を得て消費者金融に借入する場合の総量規制は、2人で1つという考え方になります。
配偶者の年収の3分の1の範囲で妻と夫が借入を行うことができます。
つまり、妻が借入を行った分、夫が自ら借り入れできる金額は減ることになります。
たとえば夫の年収が600万円であれば借入可能額はその3分の1の200万円までですが、妻が50万円を借りれば、夫は150万円までしか借りられなくなります。
専業主婦が借入の申込をする際は、主婦本人の本人確認書類など通常の書類のほかに、配偶者の同意書、配偶者との婚姻関係を証明する住民票または戸籍謄本、および配偶者の年収を証明する書類を提出する必要があります。
専業主婦の場合は収入がない以上、借りても返済するための収入が入ってこないわけですから、結局のところ、夫の支援を得ることになるはずです。
その意味では同意を求めるのは当然といえるかもしれません。
なお、同意書やこれらの書類を提出するのはあくまでも、総量規制に伴う確認のためで、夫が連帯保証人になるわけではありません。
もっとも、貸金法上はこのように定められているわけですが、実際の消費者金融の対応は必ずしも例外を認めているわけではありません。
専業主婦への貸付は総量規制の原則通り一切認めない、配偶者の同意があっても不可としているところが、けっこうあります。
また、主婦であってもパート収入など定期的な継続収入がある場合に、配偶者の同意や年収の証明ではなく、本人の年収の範囲で貸付を可能としているところも多いです。
パート収入は一般的に少ないケースが多いので、借入金額は少額にならざるを得ませんが、夫の同意を得る必要がないという点で、借りやすいと感じる主婦の方もいるでしょう。